新梅田食道街のキャッシュオンバー北京に行ってきました。
実は梅田でキャッシュオンのお店を探していたのです。
というのも飲んべえの私。
帰りに一杯飲もうということになっても止まらず、結局五杯くらいになっちゃうから。
量で調整できないなら金額でやろうというわけです。
あらかじめ予算を決めておいて使い切ったら終わり。これならうまくいきそうです。


店名から大衆的な立ち飲みを想像してましたが、立ち飲みは立ち飲みでもバーでした。
しかもかなりの年代物。
でも不思議と堅苦しさは感じません。
まずはフォアローゼスのソーダ割。

ハイボールという注文ではないのも新鮮です。
単品は400円ですがソーダを入れると50円アップだったかも。

お料理は簡単かつリーズナブルなラインナップ。
ソーセージのワイン煮込みだったかな。

赤ワインかと思ったら白ワイン?
特にワインぽさは感じませんでした。

エッグ。有名メニューらしいです。

野菜のない巣ごもり玉子というのでしょうか。
黄身が生のうちに全体を軽くかきまぜて食べるシンプルな一品。
これが不思議とお酒に合うのです。

一番安いワインは300円から。

赤白いただきましたがなかなかおいしかったです。

最後にイワシフライ。

あ、あれ? アジだよね?
どちらにしてもおいしかったので満足です。


気づくとたくさんのお客さん。
愛されてるんだなあ。
作戦どおり三杯で終わることができました!
予算は二人で3500円、少しおつりがありました。
量も予算も大成功!
仕事帰りにふらりと寄りたくなるお店だと思いました。



立ち呑み 北京

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪急)



よかったらクリックお願いします!

大阪食べ歩き ブログランキングへ


スポンサーサイト
グルメ キタ(梅田・福島・天満) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
洋風なのに、中華の気配もないのに、北京。
普通の卵焼きに見えるエッグが看板メニュー…
不思議感漂いますが、いいお店ですね^_^
Re: タイトルなし
なぜ北京なのか気になるところです。
今度聞いてみます〜。
エッグ。玉子好きなのでお気に入りです。
電子レンジで目玉焼作ってもあんな感じになりますよ。

管理者のみに表示