富国生命ビル地下のミッテラン2世に行ってきました。
意外にも実ははじめて。
何度となく前を通りかかりながらなかなか行く機会がありませんでした。
できた当初は東京の「俺の」シリーズに似た形態で注目を集めていましたが今はどうなのでしょう。
入店したときは多少空いてましたが気づけば満席状態。やはり人気のようです。


エクストラコールドがあったのでいただきます。

おー、冷え冷えウマウマ。
でも凍るほどってわけではないのね。

ポテサラ。

何かアクセントになりそうな味付けがしてあったと思うのですが忘れてしまいました。すみません。

白身魚のエスカベッシュ。

いわゆる洋風南蛮漬けですね。
ビネガーの利かせ具合がちょうどよく、白ワインに合うのでした。

やはりバルメニューにはワインが欠かせませんね。

ワインが飲める人でよかった。
そして味にこだわりがなくてよかった。
高級ワインはそれほど飲まないので比較できませんが、デイリー使いのハウスワインはクセがなくて飲みやすいと思います。

かぼちゃのグラタン。

かぼちゃのポタージュをオーブンで焼いたみたいな。
これもまたほっこりやさしい味でおいしかった~。
シンブルなのに他のお店でもほとんど見かけることのないメニュー。家でもやってみようと思います。

写真はないけどポテトフライ(メニューでは別の名前)もいただきました。
ポテト大好き!
サクホクで手が止まらない~。


オマール海老とか牛フィレのステーキなどのがっつりメインはいただかなかったのでまた食べてみたいです。
(他のお料理よりは値が張るので3人くらいで行くと色々食べられるかなと思います)
ごちそうさまでした。






関連ランキング:ビストロ | 東梅田駅梅田駅(大阪メトロ)梅田駅(阪神)



よかったらクリックお願いします!

大阪ランキング


スポンサーサイト
グルメ キタ(梅田・福島・天満) | コメント(0) | トラックバック(0)
友だちオススメの糀やさんに連れてきてもらいました!
実は行くまでコメノハナと勘違いしてました。
いや~思い込みって恥ずかしい…。
そして何度か来てますがいつも飲みすぎてしまうんですよね。反省反省。
この日もおいしいお肉と酒をいただきました。




花陽浴おいしかったなあ。華やかな香り♪
七田もよかった。
あと一品くらい食べましたが忘れちゃった。
というわけで、前回行ったときのレポもあげておきます。


まずは瓶ビールとポテサラでスタート。

このポテサラが具だくさんでめちゃウマです。
マスタードのプチプチとした食感が楽しく、また特有の香りがあってまさに大人のポテサラ。
今度作ってみよ~って思いました。

サクリとビールを飲み干して日本酒。

夏ヤゴでしたっけ? フレッシュな味わいでうまーい!
友だちが飲んでいたのはこちら。

鳳凰美田のこのラベルのははじめて見た!
限定だからですかね~。
鳳凰美田も大好きなお酒です♪
ツーショット。


たけのこの何か。

おいしかったのは覚えてます。
上品なおだしの味がたけのこの歯ざわりと相まってたまりません。

お酒もぐいぐい進みますよ~。


蒸し豚だったかな。


野菜のジュレ。

トマトやズッキーニなどの夏野菜たちがゼリーに閉じ込められてます。
このゼリーが単にコンソメではなくてすごく味わい深かったように思います。
(もしかしたらトマト味だったかも)

シメカレー。

お肉ゴロゴロ! めちゃうま! ごはんほしい~。
欲望のおもむくままに白米に走りたかったのですが…。
私には…私にはこのお米があるので~!


ご飯代わりにゴクゴクいただきました。


大大大満足!!!
またゆっくり来たいと思います。
ごちそうさまでした。





関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅



よかったらクリックお願いします!

大阪ランキング


グルメ キタ(梅田・福島・天満) | コメント(0) | トラックバック(0)
またまたバルチカ。スタンドふじ子へ行ってきました。
平日だというのに人気店だけあって並んでます~。
でもちょっと遅め(20時くらい)だったので15分くらいで着席。


ハイボールとつきだしです。

ぬたですね。渋い!

どて焼き大根。

どどんとボリューミーな大根が味シミシミでウマイ!
これはお酒のアテにぴったりです。

定番のだしまき。

新大阪でもよく頼みます。
おだしたっぷりでファッファ♪
プロの仕事だなあと思います。

ここいらで日本酒。羽根屋かな。

さらっとした旨口タイプで飲みやすいんですよね。

クエのうす造り。

こーれーがーめちゃくちゃ美味!
この薄い一切れにしっかりと甘みと旨みがつまっているのです。
白身なのに脂が乗ってるってすごい!
噛むほどに幸せ♪

おいしいお魚にお酒も進みます。

あたごの松だったかな~。
日本酒は見た目が同じなので瓶がないと分かりませんね。

鯛とうふ。

鯛のうまみがこれでもかってほど豆腐に染み込んでいて間違いない一品。
骨と骨の間からおいしい部分を発掘するのも楽しい。
コラーゲンたっぷりのトロトロの身を口に含めばうっとり♪♪♪
日本酒が止まらなくなるやつです。

シメにスープグラタンをいただきました。

メインの具は失念してしまいましたが、スープというほどサラサラでもなく、あっさりめのホワイトソースという感じでした。
日本酒にもよく合っていておいしかったです。


これだけ食べて飲んで(本当はもっと飲んでます。一人当たり5杯)、一人3500円以下!
素晴らしいですね! 流行るのも納得です。
賑やかなので楽しい気分で飲みたいときに適したお店です。





関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)



よかったらクリックお願いします!

大阪ランキング


グルメ キタ(梅田・福島・天満) | コメント(0) | トラックバック(0)
リニューアルしたバルチカにできたアガリコに行ってきました。
ガラスで仕切られた奥まったところにあるので、人の流れ的にはなかなか厳しい状況のようですが、お客として行く分にはまったりしててオススメです。
タイやベトナム料理のお店かと思えばそうでもなく、台湾ぽいのとかハワイアン?なものもあったりするので南国系多国籍料理て感じですかね。
ま、細かいことは気にせずに~。


南国ぽくシンハービールとグァバサワーで乾杯!

サワーはほぼジュース感覚。お酒に弱い人も飲みやすいと思います~。

大好きな空心菜の炒め物。

シャキッとしてて葉っぱの味が濃い!
大地のうまみを感じます。

えびせん。

あるとついつい手が伸びちゃいます。
スイートチリソースを付けて頬張ればそこはもうアジア。
シンハービールがよく合います。

牛すじの赤ワイン煮こみだったかな。

いきなりの洋風系。温玉添えがナイス!

そしてこういうメニューにも合うようにちゃんとワインもあります。

ハウスワイン。なみなみで390円だったかな。
この量でこの価格は嬉しい!
スパークリングもあります。


ここでお肉登場。チキンです。

タジン鍋で軽くスモークされてます。
表面は香ばしく、中はしっとり。
量が多いので二人以上がベスト。


麺やご飯もののメニューが多かったり、お肉もボリュームがあるのでがっつりごはんを食べたい人向けかな。
飲み中心なら、品数多そうなタパスの盛り合わせや軽めのお料理とハウスワインを選ぶとリーズナブルに楽しめると思いました。
ごちそうさまでした~。





関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)



よかったらクリックお願いします!

大阪ランキング


グルメ キタ(梅田・福島・天満) | コメント(0) | トラックバック(0)
仕事帰りにホワイティにあるローマ軒に行ってきました。
最近あちこちでよく見かけますね。
お店のタイプはふたつあって、ひとつはビール飲み放題がメイン、もう片方はワイン飲み放題となっています。
ビールはそこまでガンガン飲めないので私はいつもワイン飲み放題。
今回はローマ軒初のひとり飲みだったので30分コースにしました。


注文必須のおつまみは数種類から選べます。
小腹が空いていたのでスモークサーモンと豚のテリーヌをお願いしました。
(写真はありません)
お料理が出てくるまではフライング飲みができます。
早速いただきましょう。

辛口の白10は爽やかな香りがあってなかなかおいしい。
ワインには1~10の番号がついていて、白は甘口→辛口となり、赤は淡→濃となります。
飲みたいワインは「白3と赤6ください」とかお願いすると持ってきてくれます。

お料理が出揃ったところで30分スタート!
やっぱり食事と合わせるとぐっとワインの味が引き立ちますね。
白の次は赤の10。
濃厚系でがっつりした豚のテリーヌと合う!
ぐいぐい飲めてしまいます~。

白10→赤10→赤7→白5と順調に飲み進めていると「何か持ってきましょうか?」とお店の方。
お~ありがたい心遣いです。発泡系の白をお願いしました。
すると「ポンッ!」と小気味のいい音。
やった~開けたてだ! 得した気分♪

ほんのり甘めのシュワシュワをたっぷりいただきました。


いい気分で終了です。お会計は950円。
やっぱりちょっと忙しなかったな~。
個人的には50分のほうが落ち着けて好きです。
色々飲みたいときに重宝するお店です。





関連ランキング:パスタ | 東梅田駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)



よかったらクリックお願いします!

大阪ランキング


グルメ キタ(梅田・福島・天満) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »